本日は「鉄曜日」

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【鉄道旅行記】 100系ダブルデッカー新幹線乗車記

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




2003年夏の記録。
東海道新幹線で走る100系ダブルデッカー車は、2003年で東海道新幹線から運用離脱するとのこと。
今回は名古屋まで惜別乗車してみた。

●2003年8月13日
東京--(こだま461号)--名古屋


a0338635_471043.jpg
旅の始まりは東京駅。赤レンガ駅舎はいつ見ても素敵。






a0338635_471954.jpg
東京12:33→ 名古屋15:25  新幹線「こだま461号」
シュッとした顔の100系シンカンセン。
デビューしたのがついこの間のような気がするんだけどもうすぐ引退。






a0338635_472838.jpg
ホームから見ると背の高い2階建て車両は存在感が違う。
かつては東京駅をこの車両が占めてたっけ・・その頃は食堂車もあったなぁ。






a0338635_473919.jpg
奮発して2階建車両のグリーン車を選択。落ち着いた車内です。
「のぞみ」・「ひかり」は軒並み満席ですが「こだま461号」のグリーン車は空席だらけ。






a0338635_475078.jpg
通りなれた都内の道路をシンカンセンから見るとまるで別の土地を走っているよう。
多摩川を渡り神奈川県に入り新横浜駅停車。グリーン車は相変わらずガラガラ。






a0338635_48767.jpg
小田原駅では後続の「のぞみ」「ひかり」をやり過ごす為しばらく停車。「こだま」ではお約束。






a0338635_482089.jpg
2階席から見る「のぞみ」はこんな具合(写真は静岡駅)






a0338635_483226.jpg
お昼は静岡の鰻・お茶という東海道ド定番の組み合わせ。






a0338635_492874.jpg
大井川を通過。この日は曇天でフジヤマは拝めなかった。。






a0338635_493794.jpg
ちょっと車内探訪。ここは1階通路。






a0338635_494853.jpg
空いていた個室席をのぞいてみた。こちらは4人個室。
1人用や2人用個室もあってとてもバラエティー。個室は一度も利用することがなかった。。






a0338635_410015.jpg
掛川・浜松駅に停車し浜名湖を通過。






a0338635_410881.jpg
「のぞみ」なら1時間40分のところ「こだま」はおよそ3時間かけ名古屋駅に到達。
それでもあっという間・・もっと乗っていたかった。
2階建てグリーン車に乗れるのはこれが最後でしょう。今までお疲れ様でした。

(おしまい)



ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-06-03 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 夜行急行「きたぐに」乗車記

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




2004年の夏に旅した定期運行時代の583系急行「きたぐに」乗車記です。

●2004年8月21~22日
大宮--(新幹線)--新潟--(きたぐに)--大阪


a0338635_2347394.jpg
新潟22:54→ 大阪6:49  急行「きたぐに」
新潟駅から夜行急行「きたぐに」に乗って夜汽車の旅を楽しみます。






a0338635_23482251.jpg
アルコール類の必須アイテムを調達し改札を抜け3番線へ。






a0338635_23484332.jpg
(22:24~)
『きたぐに』専用カラーを纏った583系寝台電車が入線。
本日は2両増結で国鉄往時を思わす堂々の12両編成。久し振りの再会に鼻息が荒くなる。。






a0338635_23485488.jpg
6号車はグリーン車。寝台車に合わせた車体構造なので天井が高い。






a0338635_2349536.jpg
(※参考画像:磐越西線にて撮影)
1~4号車はボックス席仕様の自由席。急行券追加で乗れちゃうのでリーズナブル。






a0338635_23491595.jpg
いよいよB寝台車へ。寝台車に乗り込む時のワクワクドキドキ感はいくつになっても変わらない。
しかし上の画像から寝台モードへの変わりっぷりは凄いな。。






a0338635_23492516.jpg
本日の寝床は11号車6番下段。大きな窓も独り占めできるのが下段の特権。
高さはちょっと低いですが自由席1ボックス巾=ベット巾なのでゆとりがありんす。







a0338635_23493488.jpg
(22:54~)
大阪行「きたぐに」は時刻通り出発。お約束の鉄道唱歌が流れる。
11号車の下段寝台はほぼ埋まり、中段もそこそこ。






a0338635_23495295.jpg
(23:50~)
長岡駅では5分停車。この後、車内放送は大津駅到着前まで休止。
自室でチビチビやりながら車窓を眺めるのは楽しい夜汽車のひととき。






a0338635_2350128.jpg
(2:14~)
・・・いつの間にか寝ていたみたい。どこかに停まったなと窓外を覗くと富山駅。
しばらく停車するのでホームをブラついてみた。






a0338635_23501126.jpg
また目が覚めた~ここは何処?(福井駅?)
ホームの向こうには普通列車仕様に改造されたこちらと同型の元寝台車両が停泊。






a0338635_23501874.jpg
(5:13~)
白んできた・・何処を走っているのかな?






a0338635_23503018.jpg
(6:00~)
鉄道唱歌のメロディ流れ「おはようございます」とアナウンス。
「きたぐに」は時刻通り進んでいるようでまもなく大津駅に停車。
車内のカーテンはほとんど開き1日が動きだしたようです。






a0338635_23503917.jpg
(6:49~)
新潟を出発しておよそ8時間。信越・北陸・東海道線を経由し「きたぐに」は大阪駅4番線に到着。
早朝にもかかわらずカメラを持った鉄っちゃんに迎えられました。






a0338635_2350484.jpg
久しぶりの夜行列車の旅はもう終ってしまいました。もっと乗っていたかったな。

(おしまい)





a0338635_23505942.jpg
(おまけ)
「きたぐに」が去り駅構内を見渡すと変わった形の列車が停まっていたので
覗いてみたら米子と大阪を結ぶ夜行列車「だいせん」でした。



ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-06-01 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)