本日は「鉄曜日」

<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【鉄道旅行記】 青春18きっぷで東北周遊(vol.2)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




2008年8月に青春18きっぷで東北を巡った旅日記の続き(3日目)です。
前回(1・2日目)は こちら からどうぞ。


【1日目】 2008年8月14日
a0338635_071818.jpg
大宮--宇都宮--黒磯--郡山--福島--一ノ関[泊]

【2日目】 8月15日
一ノ関--北上--横手--大曲--新庄--山形--米沢[泊]

【3日目】 8月16日
米沢--坂町--新潟--会津若松--小出--越後湯沢--高崎--大宮

(地図はクリックで拡大)



a0338635_093278.jpg
朝5時、ケータイ目覚ましに起こされ起床。
今日は米坂線や「秘境路線」の只見線に乗るローカル線旅の1日。
のっけから乗り遅れるとアウトなので二度寝は厳禁。






a0338635_094759.jpg
米沢6:03→ 坂町8:09  米坂線1123D
坂町行き気動車はカラカラと独特の音を響かせ米沢駅出発。
米沢市街を抜けると車窓はローカルモード。






a0338635_0102587.jpg
山越え路線の米坂線は手ノ子駅を出ると本格的に登りはじめる。
速度は鈍りエンジンは唸り続ける・・






a0338635_010239.jpg
山肌を縫うように走り峠を越え、羽前沼沢駅からは下り勾配へ。
アレほど騒いでいたエンジン音は大人しくなり線路のジョイント音がよく伝わってくる。






a0338635_011864.jpg
越後金丸駅では上り列車と離合。米沢行き列車は国鉄色。あっちに乗りたかった。






a0338635_0111939.jpg
坂町8:12→ 新潟8:49  特急「いなほ4号」
坂町駅から新潟行き特急「いなほ4号」に乗り換え。
自由席は混みあいデッキで過ごす…スグに車掌さん現れ車内精算。
羽越線・白新線を快走し新潟駅へ。





a0338635_0113519.jpg
新潟駅では磐越西線を走る「SLばんえつ物語」号が現れた。






a0338635_0115372.jpg
新潟9:12→ 会津若松11:53  信越・磐越西線228D
蒸気機関車で会津若松駅を目指したいことろ。
しかしこの後のスケジュールが合わず仕方なく先発の会津若松行き一般気動車に乗車。






a0338635_012466.jpg
新津駅から磐越西線に入り五泉駅を過ぎると車内は閑散に。
平行する阿賀野川をチラッと見た記憶以外はほとんどないのでどうやらほぼ寝ていた模様。






a0338635_0121434.jpg
会津若松13:08→ 小出17:42  只見線427D
只見線は会津若松駅から小出駅までの135キロの路線。
直通列車はわずか3往復と少なく乗りつぶしはどうアタックするか悩む路線。
会津若松駅4番線から2両の小出行きディーゼルカー出発。只見線目当ての乗り鉄さん多くほぼ満席。






a0338635_0122635.jpg
西若松駅で会津鉄道と別れ会津盆地をノンビリ進み会津坂下駅では上り列車と交換の為6分停車。
この先は上り勾配にかかり山道へと分け入る。






a0338635_0124080.jpg
会津坂本駅を過ぎると只見川が寄り添い新潟県境に近い只見駅までほぼ平行して走行。
車窓は人工物がなくなり緑と川がメイン。
隣の乗り鉄グループさんは景色を肴に焼酎で乾杯。僕もささやかに麦種で乾杯。






a0338635_0125443.jpg
会津宮下駅では15分近く停車。乗客は列車から抜け出し休憩。





a0338635_013791.jpg
会津川口駅では上り列車交換もあり6分停車。
すぐ傍には只見川が流れホームから眺めることもできる癒しの駅。
青春キッパー族は駅や列車と撮影に大忙し。






a0338635_0132059.jpg
エアコンのない車両なので窓を開け開放的な旅を楽しむ。
只見駅を出発し長いトンネルを抜け田子倉駅(現在は廃止)に到着。再び長いトンネルに入り県境通過。






a0338635_0133238.jpg
大白川駅を出発し、窓外に民家などの建築物が目立つと終点の小出駅はもうすぐ。
135キロの距離を4時間半というスローな只見線の旅はなかなか楽しいもんでした。






a0338635_0134546.jpg
小出18:32→ 越後湯沢19:12  上越線1746M
後は地元に帰るだけ。18時32分発の越後中里行き上越線各駅停車に揺られ
小説を読みながら過ごし越後湯沢駅へ。






a0338635_0135637.jpg
越後湯沢19:46→ 高崎20:11  上越新幹線「とき396号」
越後湯沢駅から県境を跨ぐ在来線はすでに終了しているので上越新幹線に乗り換え。
高崎駅まで青春きっぷ1回分を軽く上回る料金を払い30分弱であっさり到着。






a0338635_014863.jpg
高崎21:52→ 大宮23:08  高崎線990M
高崎ではお世話になっているALL-INさんと合流し駅前の韓国料理店でお食事。
旅の報告などしながら楽しいひとときを過ごし、高崎線に乗ればこの旅も終わり。

(おしまい)



--旅メモ--
8月14日
大宮05:36→ 宇都宮06:52  東北本線521M
宇都宮06:57→ 黒磯07:47  東北本線527M
黒磯07:52→ 郡山09:01  東北本線2127M
郡山10:08→ 福島10:54  東北本線1135M
福島12:12→ 一ノ関15:08  東北本線 快速「みちのく」

8月15日
一ノ関06:45→ 北上07:25  東北本線1525M
北上07:37→ 横手08:53  北上線729D
横手12:13→ 大曲12:30  奥羽本線439M
大曲13:32→ 新庄15:15  奥羽本線2442M
新庄16:17→ 山形17:28  奥羽本線1444M
山形18:32→ 米沢19:17  奥羽本線448M

8月16日
米沢06:03→ 坂町08:09  米坂線1123D
坂町08:12→ 新潟08:49  特急「いなほ4号」
新潟09:12→ 会津若松11:53  信越・磐越西線228D
会津若松13:08→ 小出17:42  只見線427D
小出18:32→ 越後湯沢19:12  上越線1746M
越後湯沢19:46→ 高崎20:11  上越新幹線「とき396号」
高崎21:52→ 大宮23:08  高崎線990M


ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-05-25 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 青春18きっぷで東北周遊(vol.1)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




2008年夏の旅日記。

2008年8月の帰省時期、福島駅から盛岡駅まで特急型車両を使用した臨時快速列車を運転。これに乗って一ノ関に住む友人に会おうと強引にきっかけをつくり「青春18きっぷ」を持ってお出掛けしました。往復するだけでは芸がないので卓上旅行を楽しむうちに只見線や米坂線などのローカル線に乗りたくなり1泊で戻るつもりが2泊3日という旅程になりました。


【1日目】 8月14日
a0338635_0141448.jpg
大宮--宇都宮--黒磯--郡山--福島--一ノ関[泊]

【2日目】 8月15日
一ノ関--北上--横手--大曲--新庄--山形--米沢[泊]

【3日目】 8月16日
米沢--坂町--新潟--会津若松--小出--越後湯沢--高崎--大宮

(地図はクリックで拡大)



a0338635_0161683.jpg
大宮5:36→ 宇都宮6:52  東北本線521M
宇都宮6:57→ 黒磯7:47  東北本線527M

昨晩はほとんど寝ずに東北本線の一番列車に乗り込みスタート。
しばらくは電車で寝れるだろうと思ったのだけど。。






a0338635_0162793.jpg
黒磯7:52→郡山9:01  東北本線2127M
宇都宮駅からは5両、黒磯駅からはなんと2両。。。
座れないまま福島県に入り白河駅を過ぎると更に混み合いもう通勤電車…あぁ眠たいよ。






a0338635_0163894.jpg
郡山10:08→ 福島10:54  東北本線1135M
郡山駅構内のコーヒーショップでひとやすみ。
次の電車は早めにホームに上がり着席成功。接続電車が到着すると乗車率150%。。






a0338635_0164931.jpg
福島12:12→ 一ノ関15:08  東北本線 快速「みちのく」
夏の帰省時期に福島駅~盛岡駅間を直通する臨時列車「快速みちのく」が設定され
しかも鉄っちゃんに大人気の「583系」が登板とあって今回の旅が決定。






a0338635_017073.jpg
ブルーとクリームの電車が入線。座席を確保した後はお約束の撮影タイム。
郡山駅からの電車が到着すると大きい荷物を持った乗客が押し寄せ大混雑。






a0338635_017962.jpg
向かい合わせの席ですが足元は余裕があり座り心地は良好。
相席の大学生さんはおしゃべりに花が咲いております。
元気だねぇオッサンはくたびれたよ。。





a0338635_017229.jpg
東北本線を進み宮城県に入り仙台駅では15分程停車。キオスクで麦酒補給。






a0338635_0183832.jpg
車内は相変わらずの大混雑で身動きできない状況も、列車は順調に東北本線を北進。
岩手県に入り一ノ関駅到着。大半が盛岡を目指すのかと思ったらこちらで降りる方も多かった。






a0338635_0174047.jpg
今日の行程は終了。夕方に地元在住の友人夫婦と食事をする予定。
それまで近くの景勝地「厳美渓」を見るはずが外は大雨。
仕方がないので駅前の宿にチェックインし高校野球など見て過ごすも、合流する頃には青空が広がる。。





a0338635_0185850.jpg
翌朝、昨夜は楽しい夜会となり前日寝てなかったことなどすっかり忘れ部屋に戻ったのは午前様。
チェックアウトギリギリまで寝るつもりが5時に目覚める(おじいちゃんか?)
今日は予約した米沢の宿まで行けばいいだけなので特にコレっという旅程を立ててない。






a0338635_0191234.jpg
一ノ関6:45→ 北上7:25  東北本線1525M
B級グルメ「横手やきそば」を食べてみたいなと身支度しながら時刻を調べると
東北・北上・奥羽線と乗り継げば夕方までに米沢駅に着くようなのでコレで決定。
一ノ関駅始発6時45分発の東北線盛岡行き下り電車は地元の部活動学生を乗せて出発。






a0338635_0192413.jpg
北上7:37→ 横手8:53  北上線729D
北上駅から北上線に乗り換え。0番線には白に黄緑のラインが入ったお馴染みの気動車が2両で待機。
7時37分 東北線と別れ奥羽山脈に進路を向け出発。






a0338635_0193330.jpg
岩手・秋田県境になると外は緑だらけ。温泉駅で有名な「ほっとゆだ駅」で下車したいところ。
しかし後続列車が3時間後なので今回は諦めそのまま終点の横手駅へ。






a0338635_0194166.jpg
時刻は9時。駅周辺の焼きそば店は11時開店がほとんど。
タクシーで10分程の場所にある秋田ふるさと村内にある店舗は9時30分から営業との事でそちらへGO。






a0338635_0195164.jpg
秋田ふるさと村は「秋田の郷土料理・文化・芸術・手作り体験が楽しめるテーマパーク」
だそうで入場は無料(一部有料)。フードコートのようなエリアで秋田名物が頂けます。
腹ペコなので「横手焼きそば」大盛を注文。上にのった目玉焼きにテンション激しくアップ。






a0338635_020135.jpg
横手12:13→ 大曲12:30  奥羽本線439M
横手駅11時39分発の新庄行に乗るつもりが乗り遅れてしまった。。。
次の列車は2時間後・・大曲駅まで寄り道することに。






a0338635_0201198.jpg
駅周辺を歩いたら秋田名物「稲庭うどん」の文字発見。
横手焼きそばと合わせ秋田グルメを2つも頂いちゃった。






a0338635_0202053.jpg
大曲13:32→ 新庄15:15  奥羽本線2442M
13時32分発 奥羽線上り新庄行き電車に乗り込むも「寝不足+満腹」で爆睡中に山形県突入。
気がつけば新庄駅到着直前。






a0338635_0203758.jpg
新庄16:17→ 山形17:28  奥羽本線1444M
新庄駅から先は山形新幹線「つばさ」が顔を覗かせます。
窓に背を向ける座席なので首がイタイ…山形駅に近づく頃はかなりの混雑。






a0338635_0204755.jpg
「板そば」を食べようと山形駅近くで営業中の蕎麦店へ。
夕食の時間に若干早い店内は僕1人・・お蕎麦はたいへん美味しゅうございました。






a0338635_0205721.jpg
山形18:32→ 米沢19:17  奥羽本線448M
本日のラストランナーは奥羽線米沢行き普通電車。すっかり陽は傾き米沢駅に着いた頃は真っ暗。
2日目の行程は無事終了(横手駅で乗り遅れたハプニングは除く)

青春18きっぷで東北周遊(vol.2)に続く



ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-05-23 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 北陸路面電車撮影記(vol.3)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




北陸路面電車シリーズの続き。
最終回の今回は富山地鉄の路面電車撮影。

●2012年11月11日~12日
大宮--(Maxとき)--長岡--(北越)--高岡--(しらさぎ)--福井[泊]
福井--(サンダーバード)--富山--(はくたか)--越後湯沢--(Maxとき)--大宮

前回まではこちら → vol.1  vol.2


a0338635_16204590.jpg
(11:30~)
北陸路面電車シリーズ最後は富山地鉄市内線。
フリー切符(600円)を購入。最初にやってきた電車に乗って移動開始。






a0338635_16205516.jpg
富山城のある丸の内で気ままに途中下車。






a0338635_1621481.jpg
城の廻りを散策すると国際会議場前電停では城を背景にして撮影できた。






a0338635_1621206.jpg
石畳のある路面電車の風景は写欲倍増。






a0338635_16213338.jpg
富山駅前から南富山駅前の路線はデータイムでも約5分間隔ダイヤ。
撮影条件にはもってこいなのですが駄作も量産される訳で…






a0338635_16214443.jpg
乗降を繰り返しこちらは上本町(かみほんちょう)






a0338635_16215618.jpg
1日曇り予報でしたが陽が差してくれたので調子にのって撮影しまくる。気がつけば昼食抜き
(画像はグランドプラザ前)






a0338635_1622719.jpg
(16:00~)
安野屋電停近くにある「鉄」御用達?の喫茶ブルートレインで休憩。






a0338635_16221698.jpg
(※店内は許可を得て撮影)
店内は鉄道模型が走り鉄道関連アイテムが並ぶディープな雰囲気。
模型車両はSLからまだ実車が落成していない新型北陸新幹線までと豊富なラインナップ。
驚いたのがこちらの車両ほとんどがご主人の手作りなんだそうです。
(当日、ご主人は不在でした)






a0338635_16222666.jpg
留守番の奥様(だと思う)が店内僕一人の為に模型列車を走らせてくれました。
美味しいアイスコーヒーを頂きながら眺めるのは格別。
短い時間でしたが楽しいお話もさせて頂き素敵なひとときを過ごすことができました。






a0338635_16223696.jpg
(17:00~)
この時期は陽が落ちるのが早いので17時頃から夜間撮影が楽しめる。
最終「はくたか」まで富山駅から近い荒町や新富町付近で撮影。






a0338635_16224519.jpg
予備のメモリーカードがそろそろ一杯でタイムリミットも近づいてきた。
ライトレールまで撮影できないのが残念でしたがまたの機会に。






a0338635_1622547.jpg
(18:30~)
富山駅に着くと様子がおかしい。なんと信号トラブルで大幅な遅延や運休が発生。
今日中に帰れるかしらん?最終「はくたか25号」は数分遅れと聞きホッとする
(先発の「はくたか23号」はまだ富山を出発していないらしいが)






a0338635_1623481.jpg
階段や通路、ホームには通勤客の列がギッッシリ。そこに遅れた各駅停車がたった3両で到着。
どう見積もっても全員乗れるハズはなく混乱するだろなと思ったら皆さん冷静でした。
生真面目な方が多いと聞く富山の県民性を垣間見た気がしました。






a0338635_16231429.jpg
富山19:05頃→ 越後湯沢21:05頃  特急はくたか25号
超超超満員の各駅停車が乗り切れなかった乗客を残し出発。
そして越後湯沢行き「はくたか25号」が約5分遅れで到着、こちらは9両編成でガ~ラガラ。




列車は数分遅れのまま走行、直江津到着前ではこんなアナウンス



「越後湯沢からの『Maxとき350号』は
只今接続確認中です」 




なんですって??






a0338635_16232912.jpg
越後湯沢21:12頃→ 大宮22:04頃  新幹線「Maxとき350号」
しかしちゃんと待ってくれました。
在来線が遅れると新幹線改札は開放しスムーズな乗換え対応をするようです。
「お急ぎ下さい」など急かす案内が全くなかったのが好印象でした。

新幹線車内は大幅に遅れた「はくたか23号」の乗客も乗っているようで車掌さんは対応に追われるも、空席が多かったのでなんとかなった様子(盆や正月時期だったら思うとゾっとする)

最後は慌しくなりましたが無事に旅を終えることができました。今回は鉄道撮影メインで各地の路面電車と戯れ、更に「北越」「しらさぎ」「サンダーバード」「はくたか」と北陸特急の乗り鉄も楽しめ内容の濃い2日間になりました。

(おしまい)




---旅メモ---
11月11日(日)
大宮07:26→ 長岡8:33 (上越新幹線Maxとき303号)
長岡08:46→ 高岡11:05 (特急北越2号)
--万葉線撮影--
高岡18:26→ 福井19:39 (特急しらさぎ16号)
--福井鉄道撮影--

11月12日(月)
--福井鉄道撮影--
福井09:37→ 富山11:06 (特急サンダーバード3号)
--富山地鉄市内線撮影--
富山18:59→ 越後湯沢20:59 (特急はくたか25号) ※約5分遅れ
越後湯沢21:09→ 大宮22:02 (上越新幹線Maxとき350号) ※約5分遅れ
《時刻は定刻表示》

使用切符・・・北陸フリーきっぷ(2013年3月発売終了)
宿泊・・・ホテルフジタ福井


ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ






[PR]
by noricapa | 2016-05-17 22:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 北陸路面電車撮影記(vol.2)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




北陸路面電車シリーズの続き。今回は福井鉄道の路面電車撮影。

●2012年11月11日~12日
大宮--(Maxとき)--長岡--(北越)--高岡--(しらさぎ)--福井[泊]
福井--(サンダーバード)--富山--(はくたか)--越後湯沢--(Maxとき)--大宮

前回はこちら → vol.1


a0338635_2383298.jpg
高岡駅は橋上駅へとリニューアル。自動改札ではないのね。。






a0338635_2384118.jpg
高岡18:26→ 福井19:39  特急「しらさぎ16号」
福井までは特急「しらさぎ」で移動。
今回使用の切符は福井までフリーエリアでしかも特急自由席まで乗れるのでとても便利。






a0338635_2384989.jpg
「しらさぎ」車内で食事休憩。
今回は撮影メインで時間に余裕がないのでご当地グルメなどが楽しめず残念。






a0338635_239033.jpg
高架駅の福井到着。
ここに降り立つのは何年振り?前回は高架工事すらしていなかった頃だった気がする。






a0338635_2391029.jpg
街はイルミネーションで華やか。福井駅前まで足を延ばす路面電車をパチリ。






a0338635_2391944.jpg
(20:30~)
予約したホテルに一旦荷物を置きカメラ機材だけもってすぐ外出。
改めて北陸路面電車第二弾「福井鉄道」軌道線の撮影開始。ここは市役所前。






a0338635_2393716.jpg
望遠レンズを携え夜の街をウロウロする姿は十分怪しいのですが、
すれ違ったお巡りさんから職務質問はされませんでした。。(笑)

夜間撮影は面白くなんだかんだと22時過ぎまで楽んでしまった・・
しかし体力は限界ヨロシク・・居酒屋には寄らずホテル直行。長い1日は終わりました。






a0338635_2395241.jpg
(6:40~)
どうしても見たい電車があり、それは朝と夕方の運用らしいので早起きし市役所前で撮影開始。
その前にコーラ広告電車登場。ビルの広告とコラボってみた。






a0338635_2310046.jpg
おぉ!お目当ての電車がやってきた。小躍りしたい気持ちをおさえながらシャッターを切りまくる。
しかしたくさんの車があるのでチト難しい。






a0338635_23101519.jpg
この200形と呼ばれる車両、引退が近いらしいので今のうちに見たかったのです。






a0338635_23102420.jpg
今度は色違いの電車。貫禄あるなぁ






a0338635_23103347.jpg
さっきの電車が折り返して戻ってきた。たくさんの車と一緒に移動。
路面電車に馴染みがない僕には新鮮な光景。






a0338635_23104444.jpg
今度は違う形の電車。こちらもベテラン車。
朝時間帯の200形電車はもう見られないようなので福井鉄道撮影はこれにて終了。






a0338635_23105321.jpg
(9:30~)
次は富山路面電車を撮影すべく特急「サンダーバード」で移動。
沿線名湯の芦原温泉や加賀温泉はスルー。ここまで来て温泉に入れないのは辛いな(笑)






a0338635_2311284.jpg
福井9:37→ 富山11:06  特急「サンダーバード3号」
自由席は空いていたので座席は選び放題。
これまで撮影した写真をチェックしてると顔がニヤける…変態ですね(笑)






a0338635_23111114.jpg
途中の金沢駅では5分停車。向かいに新潟行き「北越3号」が出発待ち。
かつてこのホームで「雷鳥」や「加越」など国鉄特急色に囲まれて撮影した事を思い出す。






a0338635_23111918.jpg
「サンダーバード」は北陸本線を快走し倶利伽羅峠を超え終点富山到着。
駅構内は北陸新幹線と在来線の高架化工事中。

北陸路面電車撮影記(vol.3)に続く



ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-05-16 23:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 北陸路面電車撮影記(vol.1)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




2012年11月の旅日記。

「北陸フリーきっぷ」(※2013年3月終了)を利用し
富山・高岡・福井を走る路面電車を見てきました。
2日間を3箇所巡るのはタイトなスケジュールでしたが。。

●2012年11月11日~12日
大宮--(Maxとき)--長岡--(北越)--高岡--(しらさぎ)--福井[泊]
福井--(サンダーバード)--富山--(はくたか)--越後湯沢--(Maxとき)--大宮


a0338635_0445551.jpg
大宮7:26→ 長岡8:33  新幹線「Maxとき303号」
大宮駅から1時間ちょいで長岡駅到着。
指定席はほぼ満席も「はくたか」に接続する越後湯沢駅でガラガラに。
北陸新幹線開業後の上越新幹線が心配…






a0338635_04551.jpg
長岡駅から金沢行き特急「北越2号」に乗り換え。ホームに降りると国鉄色特急電車。
こちらは「北越」ではなく臨時快速列車だそう。。






a0338635_0451650.jpg
国鉄色電車が去った向こうになんとSLが!この日は飯山線を走ったそう。






a0338635_0452559.jpg
長岡8:46→ 高岡11:05  特急「北越2号」
向こうのホームに「うおぅ」っと移動して撮影したい…
しかし「北越2号」やってきてしまいジ・エンド。複雑な気分で長岡駅出発。






a0338635_0453561.jpg
窓外には日本海登場。前席のおねーちゃんもスマホでパチリ。
駅で買い損ねた麦酒を車内で買おうとしたら「車内販売はございません」という悲しいアナウンス…
今回はツイてないな(泣)






a0338635_0454478.jpg
鞄に入っていたミネラルウォーターで健康的に過ごし「北越2号」は時刻通り高岡駅到着。
駅前は大規模な再開発プロジェクト進行中で平成26年春の完成予定だそう。






a0338635_0455736.jpg
北陸路面電車第一弾は万葉線。昭和な雰囲気の乗り場から平成生まれの赤い低床電車が出発。
駅前がリニューアルされると乗り場は駅寄りに若干延伸されるとか。






a0338635_046656.jpg
現在の万葉線乗り場近くにはドラえもんに登場するキャラクターの銅像があった。
原作者がこちら高岡生まれなのだそう。






a0338635_0461794.jpg
そんな高岡の街を走る万葉線は期間限定で「ドラえもんトラム」を運行。
ドラえもん電車の時刻は万葉線のホームページに掲載。






a0338635_0462642.jpg
(12:30~)
ドラえもん電車に乗ってみることに。車内で1日フリーきっぷ(800円)を購入。
窓や天井の内装にもキャラクターがデザインされて子供達は嬉しそう。





a0338635_0463560.jpg
庄川口で下車。ここで雨が…駅待合小屋で雨宿りしながらホームで撮影することに。
そんな中現れたのはドラえもん電車と同じく会いたかったネコ電車!






a0338635_0464413.jpg
上り電車に乗って能町口で下車。車内アナウンスは地元出身の落語家 立川志の輔さんの声で
沿線の観光案内を兼ね落語調に案内してた(週末限定らしい)






a0338635_0465420.jpg
(15:00~)
雨は小降りになってきたので能町口から軌道に沿って歩いてみた。
画像は新吉久電停。こちらは道路幅員が狭い関係なのかプラットホームがない・・






a0338635_047221.jpg
新吉久から電車で米島口へ。この付近は道路巾が広くレールも広小路まで複線。






a0338635_0471578.jpg
米島口は万葉線の本社と電車の車庫があり敷地外から電車を眺めることができた。






a0338635_0472758.jpg
(16:30~)
本丸会館前まで移動した頃には路面はすっかり乾いてしまい
夜撮影の楽しみが薄れてしまった・・






a0338635_0473576.jpg
夜になってもネコ電車活躍中。難しいけれど夜の路面電車撮影は楽しいな。






a0338635_0474652.jpg
(18:00~)
撮影しながら高岡駅へ進み末広町でタイムアップ。も少し楽しみたいのですがまたの機会に。

北陸路面電車撮影記(vol.2)に続く



ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ






[PR]
by noricapa | 2016-05-11 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 会津トロッコ雪見旅

2005年というこれまた随分前の鉄分ばかりな旅日記です。。。




2005年の旅の記録です。
日帰りで雪を見ながら会津までお出掛けしました。

●2005年2月27日
春日部--下今市--会津田島--会津若松--大宮


a0338635_2424686.jpg
春日部8:02→ 下今市9:08  特急「けごん1号」
JR・東武線を乗り継ぎ、春日部駅から東武鉄道イチオシの「スペーシア」に乗車。






a0338635_2452518.jpg
車内は3、4名とガラガラ。しかし指定された僕の席にはお弁当を頬張っている方が・・
どうやら間違えて着席されたようなので空いている席に座っとく。






a0338635_2493819.jpg
栃木県に入り日光名物の杉並木が見えてきた。






a0338635_250222.jpg
下今市9:10→ 会津田島10:40  東武鬼怒川・野岩鉄道・会津鉄道135
下今市駅で先行していた会津田島行き電車に追いつきコチラに乗り換え。






a0338635_2521634.jpg
しばらく走ると一面雪景色。






a0338635_2524745.jpg
会津荒海駅では上り電車と待ち合わせでしばらく停車。
雪が珍しい乗客はホームに出てはしゃいでいます(僕も。。)






a0338635_253162.jpg
山を分け進み会津田島駅到着。






a0338635_2535293.jpg
会津田島11:14→ 会津若松13:16  会津鉄道「お座トロ雪見号」
ここからはトロッコ列車に乗って雪見列車旅と洒落込んでみる。







a0338635_2544072.jpg
列車は展望車、お座敷車、トロッコ車とバラエティ。画像はトロッコ席。






a0338635_255838.jpg
今回は畳のあるお座敷席に落ち着く。早速乾杯。






a0338635_2551931.jpg
会津下郷駅では数分停車。






a0338635_255333.jpg
茅葺屋根のある湯野上温泉駅、とても良い雰囲気。






a0338635_2554328.jpg
駅舎内には囲炉裏があった。






a0338635_2555418.jpg
景色の良い場所では停車サービスがあった。






a0338635_2561254.jpg
会津若松駅到着。およそ2時間のトロッコ旅でした。






a0338635_2562563.jpg
会津若松14:50→ 大宮19:18  快速「フェアーウェイ」
国鉄色を纏った485系特急型電車登場。
当日は新宿-黒磯間の快速列車が会津若松まで延長運転があったので乗ってみた。








a0338635_2563628.jpg
出発後の案内放送で途中停車駅が告げられる中、古河(こが)駅をフルカワと案内。。
磐越西線を進み、猪苗代駅にはホームに雪だるまが鎮座。






a0338635_2564824.jpg
郡山駅から東北本線に入り、黒磯では電流切り替えのお約束消灯。
特急「ひばり」などに乗った頃よく見た光景でした。






a0338635_2571085.jpg
黒磯駅からは先はフェアーウェイ通常運用。この旅ももうすぐ終わりです。

(おしまい)


ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-05-09 22:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 ラストシーズンの広島市民球場へ

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。




2008年4月の旅日記、今回は鉄分薄め・・

●2008年4月12日~13日
2008年の公式戦終了をもって広島市民球場は50年の長い歴史に幕を閉じ、2009年から広島駅近くの新球場に受け継がれるそう。カープ党の友人ALL-INさんが観戦すると聞き、これまで市民球場での観戦経験がないのでご一緒させて頂くことに。僕自身は特に贔屓チームはないのですが・・


a0338635_6414716.jpg
東京9:10→ 広島13:05  新幹線「のぞみ15号」
新型新幹線N700系「のぞみ15号」に乗って首都圏脱出。
コレに乗れば14:00開始のゲームを初回から観戦できそうとのこと。スゴイぞ新幹線!






a0338635_6415847.jpg
N700系は初乗車。出発と同時にアワアワな缶を開け旅の成功とカープ勝利を祈願し乾杯。
新横浜でほぼ満席になりシンカンセンは西へ。






a0338635_6421577.jpg
新大阪駅で2分という僅かな停車時間で
たこ焼きとおむすびが一緒になった「たこむす」なるものを売店で発見し購入。






a0338635_6422683.jpg
広島到着。東京から900キロ近い距離を4時間弱とはホンッとに早い。






a0338635_6423652.jpg
広島は好天で野球観戦日和。余計な荷物はロッカーに放り込み路面電車に乗って球場へ。






a0338635_6424947.jpg
紙屋町西電停で下車すると目の前には球場がドーンと現れる。
周辺にはカープのユニホームを着たファンで溢れていた。






a0338635_6425944.jpg
「夢と感動をありがとう」 コレ見ただけでちょっと胸が熱くなってきた。






a0338635_6431024.jpg
対戦相手はドラゴンズ。3塁側指定席の席についたところでプレーボール。
前回の観戦は1992年の日本シリーズ以来…なんと16年ぶりの観戦。






a0338635_6432280.jpg
お約束。






a0338635_6433119.jpg
うどんが名物らしいので僕も食べてみた。関西風?の出汁がとても美味。






a0338635_6434018.jpg
気分はスポーツカメラマン。






a0338635_6434915.jpg
試合が進むにつれライトスタンドはヒートアップ。






a0338635_6435878.jpg
おぉ!カープにホームランが飛び出した。






a0338635_644674.jpg
デッキから原爆ドームバックに路面電車を撮影できたのでしばらく撮り鉄・・






a0338635_644164.jpg
試合はドラゴンズが先制するもカープ助っ人2人のホームランで逆転しそままま逃げ切りカープ勝利。
ALL-INさんは満足そうでなにより。






a0338635_6442677.jpg
勝利インタビュー終了後もカープファンは勝利に酔いしれておりました。
我々もすぐには球場をあとにせず、もうすぐ役目を終える市民球場の記録を残そうと撮影。






a0338635_6443584.jpg
球場から近い原爆ドームや平和公園を散策。






a0338635_6444468.jpg
今夜は某SNSで知り合ったHさんとお会いする約束。新幹線でやってくるのでホームまでお出迎え。
すると下りホームになんとドクターイエロー!初めて間近で見た。






a0338635_6445373.jpg
団子鼻の0系新幹線も撮影。しかし今年(2008年)で全て撤退することが決定したそう。。






a0338635_645185.jpg
レールスターに乗ってやって来たHさんと感動?の初対面。
3人で駅前にあるお好み焼き屋に流れ込み乾杯!
昨日からほとんで寝ていないというALL-INさん(僕もだけど)はドロップアウト。残った我々は2次会へ・・






a0338635_6451418.jpg
気がつけば明け方まで飲んでた。。
チェックアウトギリギリまで寝るつもりが7時に目が覚めてしまったので外出して路面電車撮影。






a0338635_645237.jpg
今日もSNSで出会った地元広島在住のYさん(もちろんカープ党)とお会いして4人でカープ観戦。
が、開場時間になり球場に入った頃とうとう雨が降りだす…幸い小雨なので試合には影響ないようで予定通りプレー開始。
外野席はカープファンで埋め尽くされボルテージも最高潮に。しかし試合は7点もの大差がつきカープ撃沈・・






a0338635_6453181.jpg
楽しい時間はあっという間に過ぎ地元のYさんとお別れし3人は広島始発の「のぞみ」に乗って帰路に。
Hさんとは岡山でお別れ。お疲れ様!広島駅で買った「ありがとう市民球場」弁当が今夜の夕食。

「のぞみ96号」は時間通りに東京駅に到着すればこの旅もおしまい。
最初で最後の市民球場観戦でしたが楽しい想い出になりました。
ALL-INさんには大変お世話になりおかげさまで楽しい2日間となりました。

(おしまい)


ページ先頭へ

鉄道旅行記インデックスへ





[PR]
by noricapa | 2016-05-08 07:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 ぶらり秩父鉄道

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2009年5月の旅日記です。
陽気に誘われ、地元埼玉の秩父鉄道を1日フリー切符でぶらりと巡ってみました。

●2009年5月9日
羽生--新郷--熊谷--樋口--和銅黒谷--長瀞--波久礼--上長瀞--武州日野--三峰口


a0338635_21195367.jpg
JR・東武線を乗り継いで秩父鉄道と接続する羽生駅へ。おや、上空に熱気球が






a0338635_2120546.jpg
駅窓口で秩父鉄道1日乗り降り自由の「秩父路遊々フリーきっぷ」購入。





a0338635_21201775.jpg
羽生→新郷  秩父鉄道
元国鉄の通勤型電車に揺られ、羽生駅から2つ目の新郷駅で早速下車。






a0338635_21202881.jpg
ホームから構内踏切を渡り改札口へ。埼玉にもこんな光景がまだまだ残っています。






a0338635_21203881.jpg
簡素な造りですが渋くて素敵な雰囲気。






a0338635_21204776.jpg
駅より少し歩いた場所からしばし撮り鉄してみた。






a0338635_2120582.jpg
新郷→熊谷  秩父鉄道
JRと接続する熊谷駅へ移動。ホームには懐かしいスタイルの売店があった。






a0338635_2121766.jpg
熊谷→樋口  秩父鉄道
構内の車庫には元国鉄車や元地下鉄電車などが休憩中。次の電車で先に進む。






a0338635_21211760.jpg
寄居駅を過ぎると住宅地を抜け緑でいっぱいに(最後部から撮影)






a0338635_21213643.jpg
埼玉県民にお馴染みの荒川が寄り添ってきた。皆さん窓外注目。






a0338635_21214636.jpg
熊谷から40分、樋口駅で下車。ベンチや上屋は木造・・癒される空間。






a0338635_21221245.jpg
樋口駅は出札口など駅施設が全てプラットホーム上にあるちょっと珍しい構造。






a0338635_21223188.jpg
樋口→和銅黒谷  秩父鉄道
今度は和銅黒谷駅で下車。ここは和銅が採掘された和銅遺跡の最寄り駅だそう。






a0338635_21224059.jpg
2008年に黒谷駅から現駅名に改称し、既存建物を活かし大正チックにリニューアル。






a0338635_21224935.jpg
和銅黒谷駅より15分程歩いた場所から撮影。新緑が眩しいな。






a0338635_21225866.jpg
和銅黒谷→長瀞  秩父鉄道
来た道を戻り、元国鉄ウグイス色電車に乗って長瀞駅へ。






a0338635_2123924.jpg
長瀞は観光地。玄関口の長瀞駅舎はちょっとお洒落な佇まい。






a0338635_21234086.jpg
長瀞名物岩畳。この日は川の水量が多く名物「ライン下り」は運休・・






a0338635_21235837.jpg
長瀞→波久礼  秩父鉄道
今度は黄色の電車に揺られ波久礼駅で下車。






a0338635_21241021.jpg
駅舎はシンプルですが僕好みの木造駅。






a0338635_2124227.jpg
駅の中もグットな雰囲気。






a0338635_21244450.jpg
波久礼→上長瀞  秩父鉄道
再び三峰口方面の電車に乗り上長瀞駅で下車。






a0338635_21245519.jpg
有名撮影地の荒川橋梁でしばらく撮り鉄。






a0338635_2125688.jpg
そしてSL列車通過・・しかし肝心の煙がナッシング。。






a0338635_21252225.jpg
上長瀞→武州日野  秩父鉄道
終点2つ手前の武州日野駅で下車。山小屋風な駅舎。






a0338635_21253388.jpg
駅周辺はツツジが咲いていた。






a0338635_21254610.jpg
武州日野→三峰口  秩父鉄道
乗降を繰り返し、ようやく終点三峰口駅へ。






a0338635_21255521.jpg
最後は元国鉄電車車内を撮影。子供の頃に乗った雰囲気そのまま。






a0338635_2126575.jpg
羽生駅から始まった秩父鉄道71.7㌔の終点。
秩父鉄道イチオシの蒸気機関車には乗らずに駅舎探訪をメインに全線走破。
こんな路線巡りも楽しいですね。帰りは西武秩父駅から特急「レッドアロー」で帰還しました。

(おしまい)



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-05-06 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 寝台特急「あけぼの」&秋田内陸線(vol.2)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2010年8月、「あけぼの」&秋田内陸線に乗った旅日記の続きです。

●2010年8月5日~6日
上野--(あけぼの)--鷹ノ巣--(秋田内陸線)--角館--(新幹線こまち)--大宮

前回はこちら → vol.1


a0338635_45045.jpg
「あけぼの」から降りた僕達は駅前のスーパー(コンビニだったかな?)で朝食を調達し
秋田内陸線の鷹巣駅舎の待合ベンチでモーニングタイム。ちなみにJRは「鷹ノ巣駅」だそう。






a0338635_45992.jpg
改札口は駅員さんが切符にチョンと鋏を入れてもらう昔ながらのスタイル。
なのでスイカなどのICカードはもちろん使用不可。






a0338635_451942.jpg
鷹巣9:32→ 阿仁前田10:10  秋田内陸線13D
ウグイス色の列車に乗って駅舎内に温泉がある阿仁前田駅へ。






a0338635_452858.jpg
車内はガラガラかと思ったら地元のおばちゃま達で大賑わい。
聞いてみると団体客で我々と同じ温泉駅に向かうそう。






a0338635_453812.jpg
途中の合川駅では渋いホーロー製の案内板…激しく萌える。






a0338635_45461.jpg
列車はいつしか山深い道に分け入り車窓は緑でいっぱいに。(後方から撮影)






a0338635_46069.jpg
鷹巣駅からおよそ40分で阿仁前田駅着。






a0338635_461287.jpg
おばちゃま達と一緒に下車。改札口には温泉マーク。






a0338635_462246.jpg
駅と直結する温泉施設「クウィンス森吉」内湯はもちろん露天風呂まで完備。
450円(当時)で入れちゃうのでとってもリーズナブル。心身ともにリフレッシュ。






a0338635_463051.jpg
温泉施設の他、食事などもできる休憩室があったので軽い宴会へと発展。。
御一緒したおばちゃま達の姿が見えないなと思ったら別部屋で貸切宴会中でした。
ちょいとお邪魔し、ご挨拶してお別れし次の列車に乗り込む。






a0338635_463862.jpg
阿仁前田12:34→ 阿仁合12:49  秋田内陸線17D
阿仁前田駅から15分程列車に揺られ阿仁合駅へ。
大きな三角屋根の駅舎は北緯40度線に位置する阿仁地域のシンボルだそう。






a0338635_464993.jpg
駅舎内に食堂「こぐま亭」があり我々はこちらでランチ休憩することに。
阿仁合はまたたびが特産だそうで、こちらの店名物という「またたびラーメン」を皆さん注文。
(※現在の「こぐま亭」は洋食屋テイストにリニューアルされたそうです)






a0338635_465815.jpg
馬肉丼も名物だそう。僕はまだ空腹ではないのでビールのあてに馬肉煮込をオーダー。
気さくな店員さんとのお話も弾み楽しいひとときになりました。






a0338635_47698.jpg
かつて阿仁合鉱山で栄えたそうで駅近くに鉱山の歴史を伝える「伝承館」があります。
敷地内には新橋から横浜で使用された日本最初のレールが展示。






a0338635_472047.jpg
阿仁合15:02→ 角館16:07  秋田内陸線 急行「もりよし3号」
阿仁合駅から終点角館までは急行「もりよし」で一気に駆け抜ける(20分延発)
駅売店店員さんオススメの黄金プリンを購入し車内で頂きました(激ウマ)






a0338635_473199.jpg
列車にはなんと秋田美人のアテンダントさん乗務。
アテンダントさん曰く、車掌さんも秋田美人だそう。しかしこの日はお兄ちゃん車掌でした。。
遅れているのにも関わらず眺めの良い箇所では徐行サービスしてくれた。






a0338635_474176.jpg
前夜からの寝不足とこの旅の疲労で睡魔に襲われ爆睡・・
そのまま秋田内陸線を走破してしまい角館駅へ。






a0338635_475156.jpg
角館16:44→ 大宮19:42  秋田新幹線「こまち26号」
疲れはピークに達し、もはや小京都を観光する気力はなく、次の「こまち」で帰還することに。






a0338635_48055.jpg
明るい時間に乗れたので田沢湖線の渓谷車窓を楽しめた。
仙台から空席がなくなり「こまち」は「はやて」と共に首都圏へ・・・

(おしまい)



---旅メモ---
8月4日(水)
上野21:15→ 鷹ノ巣08:19  寝台特急「あけぼの」

8月5日(木)
鷹巣09:32→ 阿仁前田10:10  秋田内陸線13D
阿仁前田12:34→ 阿仁合12:49  秋田内陸線17D
阿仁合15:02→ 角館16:07  秋田内陸線 急行「もりよし3号」 ※約20分遅れ 
角館16:44→ 大宮19:42  秋田新幹線「こまち26号」
《時刻は定刻表示》


ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-05-02 01:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 寝台特急「あけぼの」&秋田内陸線(vol.1)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2010年8月の旅日記。

鉄道旅好きな方と「あけぼの」に乗りましょうという話になり、夏休みというチケット入手困難な時期でしたが4枚のB寝台券を同行者がミラクルゲットしてくれました(感謝)。個々の都合から夜行日帰りというスケジュールになりましたが久し振りにブルートレインの旅を楽しみ、オプションで秋田内陸線にも乗ってきました。

●2010年8月5日~6日
上野--(あけぼの)--鷹ノ巣--(秋田内陸線)--角館--(新幹線こまち)--大宮


a0338635_351645.jpg
(20:00~)
東北の玄関口、上野駅で待ち合わせ。構内のレストランで乾杯しちょっぴりお食事。






a0338635_351171.jpg
上野21:15→ 鷹ノ巣8:19  寝台特急「あけぼの」
中央改札口を抜け案内表示板を見上げると「寝台特急」のワード。旅心が踊る。






a0338635_3512778.jpg
(20:53~)
頭端式の13番線にはブルートレインがすでに入線済。






a0338635_3513571.jpg
旅情誘うトレインマーク。






a0338635_3514549.jpg
上野発青森行きの列車はこの「あけぼの」のみ(当時)







a0338635_3515528.jpg
ブルートレインに乗るのは数年振り。久し振りの寝台車に胸ドキドキ。






a0338635_352371.jpg
(21:15~)
「あけぼの」は上野駅出発。見慣れた車窓も寝台車からは新鮮に見えるのはなぜ?






a0338635_3521164.jpg
案内放送後、早速切符拝見。夏休みなので家族連れ中心に混雑。






a0338635_3522014.jpg
(22:50~)
我々の区画は宴会体制バッチリ。自然と会話も弾む(もちろん鉄話で)






a0338635_3523041.jpg
(23:45~)
高崎駅を過ぎ上越線を進みここは水上駅。






a0338635_3524016.jpg
寝ましょう…酔っててベッドメイキングもめんどいので枕だけ置いて就寝。






a0338635_3524910.jpg
目が覚めると朝日が差し込んでた。何処走ってるんだべ?






a0338635_3525822.jpg
(5:04~)
「あけぼの」は早朝の酒田駅到着。






a0338635_353630.jpg
車窓は日本海。






a0338635_3531736.jpg
(6:45~)
羽越本線を走破し秋田駅到着。乗客は4分停車の間に朝食を求めホーム売店へ。






a0338635_3532686.jpg
僕は売店へ向かわず先頭の赤い機関車を眺めてみた。






a0338635_3533588.jpg
A寝台(個室)通路はシックな空間。
たった一度だけ利用したことありますが部屋も豪華。






a0338635_35347100.jpg
「あけぼの」は奥羽本線に入り広大な八郎潟の田園の中を快走。
同行者の1人は秋田駅で買った「牛めし」弁当を頬張ってる。。






a0338635_3535619.jpg
(7:48~)
五能線とのジャンクションの東能代駅ではおよそ3分停車。
ホームには「リゾートしらかみ」を模した待合室があった。






a0338635_354733.jpg
(8:19~)
上野駅からおよそ11時間、鷹ノ巣駅到着。楽しかったブルトレの旅はもう終わり。
我々はここで下車し一晩お世話になった列車をお見送り。
しかし朝から暑い(当日は9時で30℃越え)…このあとは秋田内陸鉄道の旅。

寝台特急「あけぼの」&秋田内陸線(vol.2)へ続く



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-05-02 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)