本日は「鉄曜日」

<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【鉄道旅行記】 長野電鉄訪問記(vol.2)

※再掲です。。

2012年1月に訪問した長野電鉄乗り鉄の後編。

●2012年1月8日~9日
屋代--松代--綿内--信濃川田--須坂--松代--屋代--長野[泊]
長野--須坂--湯田中--長野

前回はこちら → vol.1



a0338635_23345782.jpg
昨晩は長野駅まで移動し駅前のホテルに宿泊。雪もちらつくこの日の朝の気温は-4℃。






a0338635_2335883.jpg
湯田中へ向かい温泉浸かろうかと・・長電長野駅は地下駅から出発。







a0338635_23351631.jpg
長野→須坂  長野電鉄
看板電車「りんご電車」はもうすぐ引退。朝、須坂までの運転があると聞き乗ってみた。






a0338635_233525100.jpg
昭和39年製造の電車に揺られ長野市内を行く。これが最後の乗車か・・寂しいな。






a0338635_23353389.jpg
須坂到着後、りんご電車は留置線に移動。鉄っちゃんは撮影に大忙しの様子(僕もだけど)
今までお疲れ様でした。






a0338635_23354135.jpg
須坂→湯田中  長野電鉄
湯田中行き特急「スノーモンキー」に乗り換え。ここでN'EXと再会できるなんて(超嬉)






a0338635_23355565.jpg
特急料金100円追加で乗れちゃう。






a0338635_2336477.jpg
気がつけば青空が広がり雪晴れに。






a0338635_23361294.jpg
温泉街の湯田中駅到着。海外の旅行者が多かったのには驚いたな。






a0338635_2336208.jpg
駅裏手には共同湯施設「楓の湯」があります
露天風呂では氷柱がダイブしてきて驚いた(笑






a0338635_23363073.jpg
楓の湯前には足湯も完備、こちらは無料。






a0338635_23363812.jpg
湯田中→長野  長野電鉄
帰りは元小田急ロマンスカーの特急「ゆけむり」号。






a0338635_23364638.jpg
人気の展望席は早い者勝ち。もちろん最前列はゲットできず。






a0338635_23365414.jpg
なかなか乗らない展望車なのに、温泉でホッコリした体なので眠気が・・






a0338635_2337231.jpg
長野に戻り善光寺へ初詣。連休なのでもんのすごい人。。






a0338635_23371130.jpg
アイドル猫?たくさんのカメラに囲まれても、もう慣れているのかマイペース。
このあとは大人しく帰路につきました。

(おしまい)



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-04-28 23:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 長野電鉄訪問記(vol.1)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2012年1月の旅日記。
この年の4月に屋代線が廃止される前に
お名残乗車しようと長電へ行ってきました。

●2012年1月8日~9日
屋代--松代--綿内--信濃川田--須坂--松代--屋代--長野[泊]
長野--須坂--湯田中--長野


a0338635_094296.jpg
しなの鉄道に乗って屋代駅へ。
廃線が決まった長電屋代線に乗り換え。これが最初で最後になるんだろうな。






a0338635_095474.jpg
長電のりばホームに木造の待合室があった。
ベンチもベテランな風格。






a0338635_0193535.jpg
調子に乗ってパシャパシャ撮っていたら
待合室越しに特急車両が・・「あさま号」を思い出す。






a0338635_010213.jpg
屋代→松代  長野電鉄屋代線
屋代駅から須坂駅まで結ぶ24.4㌔の屋代線
やってきた電車はかつて東京で活躍した地下鉄車両。






a0338635_0103159.jpg
電車は2両編成のワンマンタイプ。同業者の方がたくさんいらっしゃいました。






a0338635_0104193.jpg
10分ちょっと電車に揺られ松代駅で下車。一度は訪れてみたかった駅舎をさっそくパチリ。






a0338635_0105132.jpg
古い木造駅舎好きな僕にはたまらないスポット。しかしもうすぐ廃線かと思うと複雑・・






a0338635_011256.jpg
木組上屋に漆喰壁の駅舎。まるで映画のセットのよう。






a0338635_018238.jpg
松代→綿内  長野電鉄屋代線
次の電車で綿内駅へ。こちらも趣のある駅舎。さっきまで晴れてたのに雪がちらついてきた。






a0338635_0171314.jpg
駅は学習塾として使われていた。廃線後はどうなるのかな。






a0338635_0113665.jpg
綿内駅の近くにどんと焼きがあった。電車とパチリ。






a0338635_0115717.jpg
綿内→信濃川田  長野電鉄屋代線
今度は信濃川田駅で下車。綿内駅同様トタン屋根に漆喰壁の駅舎。






a0338635_01281.jpg
木造駅舎巡りは大変楽しいのだけど・・この時期はツライ。オコタに入りたい(笑






a0338635_0123018.jpg
信濃川田→須坂  長野電鉄屋代線
途中下車を繰り返し屋代線を走破し須坂駅へ。






a0338635_0123978.jpg
長野電鉄ではかつての名優が共演。






a0338635_0165350.jpg
須坂→松代  長野電鉄屋代線
夜の雰囲気も見たくて再び松代駅へ
昼間はたくさんの鉄っちゃんで賑わっていましたが
この時間カメラを構えていたのは僕だけ。






a0338635_013292.jpg
屋代線松代駅は有人駅。自動券売機はなく出札口で切符を購入。
昼間は記念に求める方々で入場券が飛ぶように売れていた。






a0338635_0203875.jpg
松代→屋代  長野電鉄屋代線
松代駅から乗った電車は部活帰りの学生が乗車。この子達の日常は4月から変わるんだ・・
最後はしんみりした気持ちになり屋代駅へ。






a0338635_0132157.jpg
長電屋代駅の跨線橋を利用するのもこれが最後。
たった1日しかお世話になっていませんが、長電屋代線お疲れ様でした。

長野電鉄訪問記(vol.2)に続く



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-04-23 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 冬のいすみ鉄道へ

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
しかし画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2011年12月の旅日記
ムーミンとコラボする「いすみ鉄道」に乗ってきました。

●2011年12月17日
大原--国吉・上総中川--大多喜--上総中野--大多喜--国吉--大原


a0338635_0223983.jpg
JR外房線に乗って大原駅へ。
駅前の自販機はなんと「いすみ鉄道」ラッピング。ん?自販機の影になんかいる。






a0338635_0224999.jpg
ムーミンがいた。






a0338635_0225861.jpg
いすみ鉄道  大原→国吉
1日フリー切符を求めホームへ。菜の花をイメージした黄色い車体が眩しい。






a0338635_023684.jpg
車体はムーミンのキャラクターがデザイン。さぁ出発です。






a0338635_0231743.jpg
上総東(かずさあずま)駅では列車交換。ローカルムード満点。






a0338635_0232914.jpg
国吉駅で下車し第二五之町踏切へ。有名撮影地はすでに3名様スタンバイ。






a0338635_0234098.jpg
JR大糸線で活躍したキハ52の勇姿を撮影。ここで再会できるとは思わなかったな。






a0338635_0235040.jpg
いすみ鉄道  上総中川→大多喜
再び列車に乗り込み大多喜方面へ。ムーミンパパとママも乗車。






a0338635_023594.jpg
大多喜駅で記念撮影。こちらまで嬉しくなる光景ですね。






a0338635_0241226.jpg
大多喜駅上りホームはレトロな雰囲気。






a0338635_0242888.jpg
またまたキハ52を撮影。抜けるような青空が気持ち良いなぁ。






a0338635_0244029.jpg
いすみ鉄道  大多喜→上総中野
せっかくなので終点まで乗ってみることに。今度の列車は荷物棚に・・スナフキン?






a0338635_0245130.jpg
僕もやってみたかったな(笑)






a0338635_025087.jpg
終点の上総中野駅到着。小湊鉄道と仲良く並んだところをパッチリ。
このまま五井まで抜けてもよいのだけど、ふたたび黄色い列車へ。






a0338635_0251084.jpg
いすみ鉄道  上総中野→大多喜
今度の列車は乗務員さんの観光ガイド付。「この先の鉄橋でムーミンが魚釣りしていますよ」
と案内があると釣り竿を持ったムーミンの姿が!






a0338635_0252244.jpg
ふたたび大多喜駅で下車。本日の役目を終えたキハ52発見。






a0338635_0253478.jpg
駅から近い場所に房総中央鉄道館という建物が
すでに営業を終えたようで入れませんでしたが。






a0338635_0254275.jpg
いすみ鉄道  大多喜→国吉
国吉駅へ移動し駅猫ちゃんと戯れる・・






a0338635_0255238.jpg
国吉駅では地元有志の皆さんによる手作りイルミネーションで華やかに。
こちらでの撮影を楽しみ帰路につきました。


(おしまい)



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-04-22 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(2)

【鉄道旅行記】 餘部鉄橋訪問記

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
っが、画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2006年11月の旅日記です。

余部橋梁架け替え工事がそろそろ始まると聞き
あの美しい「余部鉄橋」の姿をもう一度見ておこうと突発でお出掛け。


a0338635_054089.jpg
東京駅から朝の新幹線に飛び乗り、京都駅で特急「はしだて」に乗り換え。






a0338635_06523.jpg
関西地方の天気予報は晴れ。今回は三脚を抱えての参戦なので撮影にも期待。






a0338635_063452.jpg
福知山駅で特急「北近畿」に乗り継ぎ、城崎温泉駅に着く頃の空は・・あれれ?






a0338635_064538.jpg
更に普通列車に乗り継ぎ7時間以上かけようやく餘部駅到着。
目の前が鉄橋。しかしこちらは雨・・(涙)






a0338635_065642.jpg
駅の傍に鉄橋撮影スポット。「予報は晴れなのにね」と現地で御一緒した方と談笑。
この状況で「実は僕アメオトコなんですよ」とは言い出せなかった・・






a0338635_07678.jpg
この日のメインイベント、レトロ気動車の特急「はまかぜ」が小雨の中通過。






a0338635_071710.jpg
「はまかぜ」が去ると雨はやんだ・・
今度は横から見渡せる場所に移動し折り返しの「はまかぜ」を狙ってみることに。






a0338635_072935.jpg
「はまかぜ」通過の頃、再び雨・・(おちょくっているのか?)






a0338635_08934.jpg
しばし鉄橋を観察。正式名称は「余部橋梁」だそうで「~鉄橋」ではないのね。
橋梁は全長310m・高さ41m。完成は100年近く前の1912年。






a0338635_082235.jpg
下から見上げてみた。11基もあるという橋脚は海から近いこともあって
メンテナンスはかなり大変だったのが容易に想像できる。






a0338635_084149.jpg
橋の下には民家などが連なり「鉄橋」は生活の一部になっているのだと伺える。
駅までは近いのですがかなり登らないとならないのでちょっと大変。。






a0338635_085195.jpg
2010年8月にコンクリート製の新橋梁に引き継がれ、98年間親しまれた「鉄橋」の役目は終了。
現在は3本の橋脚が保存され、余部鉄橋「空の駅」展望施設として見学できるそう。






a0338635_091989.jpg
約3時間の滞在で餘部駅をあとに。鉄橋を渡る列車からはこんな眺め。
あらら、陽が差してきた・・(イラッ)






a0338635_092714.jpg
(画像は京都駅)
帰りの列車では小田原から「余部詣」された方と京都駅までご一緒。
父と同世代の方ですが、「鉄」趣味同士なので話題は尽きることなく楽しいひとときを過ごしました。

クリスマスイルミネーションの京都駅をぶらつき「のぞみ」に乗るつもりが
急に気が変わり湖西線の特急電車に乗ってしまった・・






a0338635_093652.jpg
翌朝、ココは敦賀駅。
餘部では消化不良な撮影だったので急遽予定を変更し一泊し北陸線を撮影することに。
国鉄時代を思い出すツーショットが見られ朝から幸せ(笑)






a0338635_094541.jpg
誰が言い出したのか「食パン電車」に乗って移動。






a0338635_095410.jpg
隣の新疋田(しんひきだ)駅で下車。






a0338635_010667.jpg
ボンネット特急があった頃はよくこの駅で撮影したなぁ。
撮影準備中にも国鉄色特急が通り過ぎた。






a0338635_0104317.jpg
この頃(2006年)は寝台特急「日本海」がなくなるなんて夢にも思わなかった・・
この日の天気は上々。昨日のウップンを晴らしながらたくさんの特急列車を撮影し帰還。

(おしまい)



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-04-20 00:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 本州最北の終着駅へ 

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
っが、画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
10年以上の「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2005年7月の旅日記。

JR東日本エリアの新幹線・特急が乗り放題という鉄っちゃんには嬉しい「三連休パス」を利用し青森県のJR大湊線とJR津軽線の両線を乗り潰しトライ。スケジュールの都合上実質1日(連休最終日)の乗り鉄でしたが。

●2005年7月18日
八戸--野辺地--大湊--野辺地--蟹田--三厩--蟹田--青森--八戸--大宮


a0338635_23224671.jpg
昨夜の最終「はやて」に乗って東北入りし、八戸駅前のホテルに宿泊。
八戸在住の友人に突然電話したら驚いてたな(笑) 今日の夕方食事をすることに。






a0338635_2323072.jpg
八戸7:10→ 野辺地7:39  特急「つがる43号」
オレンジカラーが鮮やかな特急「つがる」に乗ってまずは野辺地駅へ。






a0338635_23231481.jpg
野辺地7:58→ 大湊8:59  大湊線723D
野辺地駅では大湊線ディーゼルカー2両編成がすでに待機。
下北半島の陸奥湾に沿って走るJR大湊線は野辺地-大湊間58.4㌔の路線。
「はまなすベイライン」なんて愛称もあります。






a0338635_23232419.jpg
北野辺地駅を出ると陸奥湾登場。有戸駅から次の吹越(ふっこし)駅まで13.4㌔もあり、
真っ直ぐに伸びるレールをローカル線とは思えない速度で駆け抜けた。






a0338635_23233456.jpg
大湊線のほぼ中間の陸奥横浜駅では上り快速「しもきた」と待ち合わせ。
この周辺は春になるとあちらこちらで菜の花が咲き乱れます。






a0338635_23234446.jpg
かつて下北交通が発着した下北駅を過ぎると終点の大湊駅はもうすぐ。
車窓に恐山が見えてくるも曇天の今日はご覧の通り。






a0338635_2324179.jpg
大湊9:12→ 野辺地10:01  大湊線 快速3728D
今回は乗り鉄オンリーなので観光せずに引き返す。
下りはガラガラでしたが、上り快速列車は全ての座席が埋まり出発。






a0338635_23241252.jpg
野辺地10:45→ 蟹田11:42  特急「スーパー白鳥1号」
大湊線をクリアし次のターゲットは津軽線。
今度やってくる函館行き「スーパー白鳥1号」は津軽線に入るので蟹田駅まで乗車。






a0338635_23242438.jpg
東北本線を30分程快走すると青森駅。まとまった乗降があり自由席は満員御礼。
6分停車し進行を変え津軽線に入る。






a0338635_23243630.jpg
JR津軽線は文字通り津軽半島を行く青森~三厩55.8㌔の路線。
油川駅を通過すると車窓にはこの旅2度目の陸奥湾登場。特急は青森駅から20分程で蟹田駅到着。
このまま北海道まで行きたい気持ちをグッと堪え「スーパー白鳥」をお見送り。






a0338635_23244645.jpg
蟹田11:54→ 三厩12:34  津軽線331D
「スーパー白鳥1号」が去るとレトロなディーゼルカー入線。
こちらが本州最北の終着駅に連れてってくれる列車。






a0338635_23245786.jpg
デジタルとは無縁の行先案内板。車内は数えられる程の乗客、鉄っちゃんは半分くらいか?
列車はワンマンかと思ったら車掌さん乗務のツーマン体制。






a0338635_2325758.jpg
11時54分蟹田駅出発。次の中小国駅がJR東日本とJR北海道の境界駅も係員不在の無人駅。
北海道直通旅客列車の乗務員さんは蟹田駅で交代。






a0338635_23251840.jpg
中小国駅を出発した列車は高規格高架線の津軽海峡線と別れ
ローカルムーディーたっぷりの非電化区間に入る。車内もタリラリラーンな雰囲気。






a0338635_2325414.jpg
一旦分かれた津軽海峡線が近づき中小国駅から2つ目の津軽二股駅到着。
「道の駅いまべつ」が併設された駅でもあった。






a0338635_23255457.jpg
津軽二股駅に隣接する津軽海峡線の津軽今別駅とは乗り換え可能。
野辺地駅から乗った「スーパー白鳥1号」は津軽今別駅に停車したのでここで降りてもよかったのか。






a0338635_23261669.jpg
津軽二股駅を出発すると津軽海峡線とはホントにお別れ。
ディーゼルカーはマイペースを保ち、三厩湾が見えると終点はもうすぐ。






a0338635_23262715.jpg
12時34分、終点三厩(みんまや)駅到着。本州最北の終着駅。






a0338635_23263884.jpg
屋根のないプラットホーム、このような空模様もあってか物悲しい雰囲気。






a0338635_2326482.jpg
ホーム側から見た三厩駅舎。小さなお花畑に咲いた花が旅人を迎えてくれた。






a0338635_23265965.jpg
1日5本・・夕方6時前で最終列車とわ。しかし三厩駅には駅員さんがいるんです。






a0338635_2327817.jpg
三厩12:53→ 蟹田13:34  津軽線336D
も少しこの駅に留まりたいのですが、夕方に約束があるので引き返す。。






a0338635_23272125.jpg
蟹田13:47→ 青森14:28  津軽線338M
蟹田で普通電車に乗り換え青森駅へ。三厩駅から来ると青森駅前は都会そのもの。
青森駅の北国旅情は今も変わりませんね。






a0338635_23273131.jpg
青森15:03→ 八戸15:57  特急「つがる22号」
青森駅からはサクッと特急のお世話に。連休最終日の午後なので車内は大盛況。
八戸駅で改札を抜け、地元在住の友人と合流し駅前で軽く乾杯。






a0338635_2327427.jpg
八戸20:29→ 大宮23:10  新幹線「はやて226号」
連休最終日は定期最終便より30分遅い臨時便が設定されたおかげて1・2杯多く呑めたった♪
新幹線車内はもちろん夢の中…

(おしまい)



---旅メモ---
2005年7月18日(月・祝)
八戸07:10→ 野辺地07:39  特急「つがる43号」
野辺地07:58→ 大湊08:59  大湊線 723D
大湊09:12→ 野辺地10:01  大湊線 快速3728D
野辺地10:45→ 蟹田11:42  特急「スーパー白鳥1号」 
蟹田11:54→ 三厩12:34  津軽線 331D
三厩12:53→ 蟹田13:34  津軽線 336D
蟹田13:47→ 青森14:28  津軽線 338M
青森15:03→ 八戸15:57  特急「つがる22号」
八戸20:29→ 大宮23:10  新幹線「はやて226号」




ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-04-18 23:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

[東武東上線] 菜の花と東上線と

a0338635_06265062.jpg
【東武東上線/朝霞台~朝霞】






[PR]
by noricapa | 2016-04-14 06:00 | 鉄道写真

[武蔵野線] また来年

a0338635_00075223.jpg
【JR武蔵野線/北朝霞~西浦和】






[PR]
by noricapa | 2016-04-13 01:00 | 鉄道写真

[西武新宿線] SAKURA2016

a0338635_12183720.jpg
【西武新宿線/新井薬師前~沼袋】



中野通りの桜並木はこれまでノーマークでした…






[PR]
by noricapa | 2016-04-09 00:00 | 鉄道写真 | Comments(6)

【鉄道旅行記】 急行型「快速フェアーウェイ」乗車記

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
っが、画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
しかも10年以上前の「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




2003年3月の記録です。

JR東日本が完全民営化を記念して2003年に発売された
新幹線まで乗れるフリーパス「JR東日本パス」(1日用/8,000円)を利用し
急行型車両が見納めとなる快速「フェアーウェイ」に乗車した旅日記です。

●2003年3月2日
新宿--(フェアーウェイ)--黒磯


a0338635_011242.jpg
新宿6:24→ 黒磯9:02  快速「フェアーウェイ」
とびっきり早起きし、大欠伸しながら新宿駅へ。
日曜の朝6時を過ぎたばかりの駅構内はさすがにまばら。
7番線には週末のみ運転の黒磯行き快速「フェアーウェイ」がすでに停車中。






a0338635_012565.jpg
夜行快速「ムーンライトえちご」として定着したこの電車。
あと一ヵ月程で特急型(485系)に車両変更されるので今回お名残乗車をすることに。






a0338635_013336.jpg
国鉄時代を思わすアナログな表示板も見納め。






a0338635_014293.jpg
国鉄チックな連結部分のディテールに激しく萌える。






a0338635_031550.jpg
こちらはその中の様子。






a0338635_015151.jpg
外見は急行型も客室は特急仕様でグリーン席同様の豪華シートがドーンと並ぶ。
全席指定ですが510円の指定料金追加で座れるのだから便利な列車。






a0338635_033030.jpg
6時24分出発。湘南新宿ラインを走り池袋駅・赤羽駅に停車。
朝食用に買ったサンドを頬張っているうちに荒川を渡り埼玉県へ。






a0338635_034060.jpg
東武日光線と接続する栗橋駅に停車。レギュラー快速電車は通過しますが
もともとゴルフ客ターゲットの電車なのでゴルフ場から近い駅に停車するらしい。






a0338635_034953.jpg
茨城県を掠め栃木県に入り宇都宮駅到着。豪華シートはここまでリクライニング。






a0338635_035975.jpg
あまりにふんぞりかえると眠くなるのでリクライニングはほどほどに。
雲が多いけど那須の山々が近付いてきた。






a0338635_04975.jpg
9時02分黒磯駅到着。もっと乗りたいけど直流電車はこれより先には進めません。






a0338635_042257.jpg
急行列車があった頃はこのホームで駅弁買った記憶があります(現在駅弁販売はないそうです)
また一つ姿を消す国鉄型車両、長い間お疲れ様でした。






a0338635_04317.jpg
このまま帰ったらもったいないので那須塩原駅から新幹線に乗り継ぎ郡山駅へ移動。
2002年12月に復活した国鉄色特急「あいづ」を覗いてみた。






a0338635_045147.jpg
郡山に行くとつい寄ってしまう駅前のビル展望室へ。
遠くに百名山のひとつ安達太良山が望めました(見にくいですが国鉄色「あいづ」も写っています)

当時の写真はここまでで終了。
このあとは更に北を目指したような気が…仙台?盛岡?忘れてしまいました(笑)

(おしまい)



ページトップ

鉄道旅行記インデックス





[PR]
by noricapa | 2016-04-08 23:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)

【鉄道旅行記】 新幹線&特急で日本縦断乗り継ぎ旅 (vol.8)

別ブログに載せていた鉄道旅記事をこちらに転載・・
っが、画像がなぜか消えてしまったので修正し再々掲しました。
しかも「鉄分」だけの旅日記なので興味のない方はスルーして下さい。。。




 2006年に北海道の札幌から九州の鹿児島まで3586.8キロを新幹線と特急列車に乗って日本列島を駆け抜けてしまった4泊5日の旅の記録。8回目の今回は博多駅からゴールの鹿児島中央駅に到達。ダラダラ続いたこのシリーズも今回で最終回。



●5月5日 札幌--函館--青森--秋田a0338635_23591785.jpg

●5月6日 秋田--仙台--上野

●5月7日 東京--越後湯沢--金沢--京都--名古屋

●5月8日 名古屋--新宮--新大阪--広島

●5月9日 広島--博多--新八代--鹿児島中央
(地図クリックで拡大)

前回まではコチラ
vol.1(~函館)  vol.2(~秋田)  vol.3(~上野)  vol.4(~金沢)
vol.5(~名古屋) vol.6(~新大阪) vol.7(~博多)




博多→新八代→鹿児島中央

14th runner 特急「リレーつばめ」
15th runner 九州新幹線「つばめ」

a0338635_0443619.jpg
2006年 5月7日(日) 博多地方:曇
九州最大のターミナル博多駅。連休中とあって活気溢れてた。






a0338635_0444664.jpg
九州では観光時間はないので駅ホームで「撮り鉄観光」することに。こちらはハイパーサルーン。






a0338635_0445528.jpg
阿蘇方面へ向かう「ゆふDX」(2006年当時)






a0338635_045464.jpg
別府・大分をアクセスする青いソニック。






a0338635_0451735.jpg
主に長崎を往復する「白いかもめ」。どれもイチイチカッコイイわ(笑






a0338635_0452647.jpg
博多13:10→ 新八代14:46  特急「リレーつばめ13号」
博多-西鹿児島(現:鹿児島中央)を結んでいた特急「つばめ」は
九州新幹線開業を機に博多-新八代に短縮され「リレーつばめ」に改称。






a0338635_0453568.jpg
客室乗務員に迎えられ「リレーつばめ13号」入線。本日は7両に4両増結。






a0338635_0454461.jpg
出発まで時間がないのでちゃちゃと撮影を済ませ客室乗務員に迎えられ車内へ。






a0338635_046520.jpg
またグリーン席を選択。シートは1+2列仕様。






a0338635_0461329.jpg
席に座った頃出発。市街地を進みおよそ20分で鳥栖駅到着。ここはもう佐賀県。
車窓には工事中の九州新幹線が見えた。






a0338635_0462335.jpg
筑後川を渡ると再び福岡県に入り久留米駅到着。
右側にライバル西鉄のレールが現れしばらく平行し13時55分大牟田駅到着。






a0338635_0463115.jpg
グリーン個室が空いていたのでちょっと覗いてみた。
「水曜どうでしょう」で演者がベロベロに酔っ払った場面を思い出す。。






a0338635_0464244.jpg
更に鹿児島本線を南下し熊本県に入り荒尾駅を過ぎると有明海がちょっぴり見え内陸に進む。
この辺りまで来ると住宅は少なくローカルな雰囲気に。






a0338635_046512.jpg
建築物が多くなり熊本電鉄のレールが見えるとまもなく熊本駅。構内は改修工事中。
まとまった下車があり、後ろ4両が切り離され7両編成に。






a0338635_04713.jpg
新幹線へ通じるアプローチをゆっくり通過し新八代新幹線ホームに進入。
隣には九州新幹線「つばめ」がスタンバイ。






a0338635_0471167.jpg
2006年 5月7日(日) 八代地方 天気:曇り
3分接続の「つばめ13号」には乗らずお見送り。
滅多に来れないので新在同一ホームの新八代駅を見物。






a0338635_0472111.jpg
新八代15:15→ 鹿児島中央16:02  九州新幹線「つばめ47号」
そんな訳で今旅の大トリを飾るのは後続の「つばめ47号」でゴール鹿児島中央へ。
九州新幹線はもちろん初乗車。






a0338635_0472916.jpg
800系と呼ばれる「つばめ」は白を基調した流線型のボディに赤いラインが細く描かれ
側面には大きな文字で”つばめ”と記されたロゴ。






a0338635_0473611.jpg
6両編成で普通席のみ2+2列のゆったりシート。
インテリアは木材が多く使われ温もりのある仕上り。






a0338635_0474566.jpg
山間部を貫く路線なので車窓は闇ばかり。それでも車窓に穏やかな海が見えるとウットリ。
気がつけばこの旅最後の県境を越え鹿児島県に入った様子。






a0338635_0475371.jpg
途中駅の新水俣・出水・川内の3駅とも一般的な新幹線駅構造の通過線はなく
本線上にプラットホームが設けられ転落防止用の防護柵が設置。






a0338635_048187.jpg
川内駅の次は終点。案内板には”鹿児島中央”と表示される。
もう終わってしまうのだなっとちょっぴり寂しくなる。。。






a0338635_0481091.jpg
鹿児島市街地を眼下にゆっくり進み16時02分到着。
大ラスは1時間に満たない乗車であっさり終了(笑






a0338635_0482018.jpg
新幹線・特急列車で札幌から1都1道2府26県に跨る3586.8キロの日本縦断の旅は無事完走。
北海道ではまだ芽吹かない木々、本州に入ると残雪や桜、西に進むにつれ初夏を感じる空気になり
2~3ヶ月の季節を5日間で早回しした印象の旅でもありました。






a0338635_0483125.jpg
帰路は鹿児島空港から飛行機のお世話に。
鞄は各地で買ったお菓子などのお土産でパンパン。自宅ではちょっとした物産展に、、




特急「リレーつばめ13号」
博多(13:10)→新八代(14:46)
乗車距離:151.3㌔ (経由:鹿児島線)
乗車時間:1時間36分
車両:787系 11両(クモロ787-10 グリーン車指定席 1号車3番C席)
※リレーつばめは2011年運行終了


九州新幹線「つばめ47号」
新八代(15:15)→鹿児島中央(16:02)
乗車距離:137.6㌔ (経由:九州新幹線)
乗車時間:47分
車両:800系 6両 (821-4 普通車指定席 1号車3番D席)
※九州新幹線は2011年全線開業




~お世話になった列車~
① スーパー北斗 (札幌→函館)
② スーパー白鳥 (函館→青森)
③ 日本海 (青森→秋田)
④ こまち (秋田→仙台)
⑤ スーパーひたち (仙台→上野)
⑥ Maxとき (東京→越後湯沢)
⑦ はくたか (越後湯沢→金沢)
⑧ 雷鳥 (金沢→京都)
⑨ こだま (京都→名古屋)
⑩ ワイドビュー南紀 (名古屋→新宮)
⑪ オーシャンアロー (新宮→新大阪)
⑫ のぞみ (新大阪→広島)
⑬ ひかりレールスター (広島→博多)
⑭ リレーつばめ (博多→新八代)
⑮ つばめ (新八代→鹿児島中央)


余談ですが「何処に行ってきたの?」と聞かれ日本各地を巡ったので返答に困った。。
次の機会があればキッパリと答えられるように考えておこう(←?)


最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

(おしまい)



ページトップ

鉄道旅行記インデックス




[PR]
by noricapa | 2016-04-08 01:00 | 鉄道旅行記 | Comments(0)